2007年04月29日

八十八夜

夏も近づく八十八夜〜♪
というフレーズ聞いたことありますよね?
今年の八十八夜は5月2日です。
今の気候と少し違いますが、ちょうどその頃がお茶の生産が盛んになる時期です。

札幌はまだ肌寒い日もありますが、全国の茶産地では生産がピークの時期に入っています。
特に、鹿児島、静岡は現在真っ盛り。
かなりの量が生産されています。
現在、茶のしずくには4月初めに入荷した種子島産のものの次に鹿児島本土のものも入荷しています。
もうすぐ、静岡の入荷も控えています。

では新茶の良いところってなんでしょうか?
それは、皆さんご存知のとおり、鼻に抜ける爽やかな若葉の香り。
これは、新茶として収穫されてから3月ほどしか楽しめない、今の時期だけのものです。
夏頃には新茶の香りがなくなり、逆に味が熟成されおいしく感じるようになってきます。
では、なぜ新茶の香りが1年中楽しめないのか・・・?
これは、新茶の香りの主成分が「青葉アルコール」というアルコール成分からなるため、揮発性が高くどのように保存していても、蒸発してしまい、なくなってしまうのです。
ですので、今の時期にしか楽しめない、爽やかな香りをぜひ堪能していただきたいのです。

茶のしずくでは従来の煎茶セット650円とは別に新茶セット700円も店内で楽しめるようになっております。
この機会にインストラクターの淹れる新茶を楽しみにお店に足をお運びいただけたらなと思います。

文章が長くなってきましたが、最後にもうひとつ・・・。
GW期間中、お子様限定ですが、小さいソフトクリームの販売もしています。
よろしかったら、こちらもいかがでしょうか・・・?


posted by iwata at 17:45| ☀| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。